スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスファルト でも コンクリート でも 大丈夫!

20070820103402


市内 鶴崎です。
施主さんは、古くからの“信者さん”ですが、 借家 を建てるとのこと。

画像では判りにくいのですが、 草除け のために敷いたという[ アスファルト ] の上に 「 結界(けっかい)」 と 「 祭壇 」 を、設えています。
殆どの場合、「 地鎮祭 」 は 土 の上で行われますが、このようなことも稀にあります。

でも、今の ご神具 の仕様では、どのような場合でもすぐさま対応できます。

それにしても・・・
今回は 蚊 に、やられました。
準備のときには、家内が気をつけてくれてはいたのですが、私は「 おはらい 」 のときは、そのこと意外は構わなくなってしまうので・・・
5~6箇所、噛まれてしまいました。
でも、「 ご神事 」 の最中にやられなかったのは救いでした。
蚊の奴も、暑さに参って動けなかったのでしょう。

施工業者さんは、初めてお付き合いする 後藤建設株式会社 さん 。
今回も満足のいく 「 地鎮祭 」 ができました。
 
スポンサーサイト

流汗林雨

20070819160927


日出町 です。

この日も、午前中は快晴。
私はもちろんのこと、施主さんも施工業者さんも、全員が汗ビッショリ。
でも、とても良い 「 地鎮祭 」 ができました。

海から吹いてくる 風 が、心地良かったなぁ。

“ 日陰  ” が嬉しい。

DSCN8454.jpg


[ 地鎮祭 ] に行って来た。
天気は・・・
雲ひとつない快晴!  おまけに無風状態。
私の場合は、三方を 幕 で囲まれているので・・・
どのくらい 暑い のか、分からないくらい 暑かった。

明日は 日出町 で、[ 地鎮祭 ] がある。

今日の場所は、 日田市 でした。

長靴 が・・・

今日ほど [ 長靴 ] の必要性を感じたことは無い。

その理由は・・・

今日は、朝一で “ 地鎮祭 ” に行って来た。
私は “ おはらい ” では、 開始一時間以上前 に現地に着くようにしているが・・・
着いてみて びっくり 。 
ここ数日降り続いた 大雨 の所為で、地面が歩けそうにないくらいに ドロドロ になっているではないか!?。 ( 写真を撮る余裕もなかった )
またそこで、私も止せばいいのに「歩けるかどうか? 確かめてみよう」と思い、歩いてみたら・・・
何と、足首近くまで嵌ってしまい 「 足袋 も 草履 も 袴 も 」 ドロドロ になってしった。  まったく ドジ なことだったが、もう後の祭り。
結果的には施工業者さんが、ブルーシート を敷いてくれたので何とか歩けるようになったが・・・

結局、 空 (上) ばかり気にして 下 (地面) のことを考えていなかった私の不注意だった。

教訓 !
足元が悪いときは・・・
 [ 長靴 ] を準備して行こう。

今日は本当に疲れました。

少し慌てて・・・

20070709214646


[ 地鎮祭 ] の依頼があった。
11日なので、少し慌てて準備をしている。
画像は “ 地主幣(じぬしへい)” という、土地の四隅に立てる “ 幣束(へいそく)” を用意しているところである。
明日は “ 祝詞(のりと)” を 浄書 する。
それと、供物(くもつ) の準備も依頼されているので、その買物もある。

唯一つ心配なのが、天気である。
せっかくなら晴天のもと、斎行してあげたいのだが・・・
天気予報は良くない。

5時起きで・・・

20070622194204

豊後大野市 朝地町 綿田 という所に おはらい に行ってきた。
タイトルの意味は、開始が9時ということと、道中に掛かる時間の関係で早く出発したのだ。
業者さんが送ってくれた地図を基に走ったが途中驚いたことが一つ・・・  それは・・・
“中九州道路”が伸びていて、とても スムーズ に走れたことである。  多分、10分は短縮できたのではないだろうか!?  驚いた。
そして現地に着いて、また驚いた。
画像では判らないが、ダンプカー が20台近くと ユンボ が2台、フル稼働している。  実に 壮観 だった。
その工事の内容は、建設中の ダム に土を運ぶもので「結界」を張り「祭壇」を組んだところは小高い山であったが、ゆくゆくはその辺りの二つの山が平地になるそうで、土木建築に疎い私達でもそのスケールの大きさは何となく理解できるほどのものだった。
時刻となり、関係者全員も揃い 工事の安全を願う「祝詞」を心を込めて奏上し「地鎮」の散供を行った。

ところで、時節柄、今日は 雨 を覚悟していた。 
しかし、今日の業者の [ 後藤総合工業 株式会社 ] さんは ご神事 をとても重く考えておられる会社で、いつも特大の テント を張ってくれていて実際、途中でも降られたが最低の濡れ方で済んだのでとても感謝している。 本当に助かる。

汗ビッショリになったけど、とても 清々しい気分 で家路についた。

さすがに、まだ夏物は…

20070509212337

暑かった。 
今日は 地鎮祭 に行ってきたが・・・
とにかく、暑かった。 本当に、異常気象だと思う。
昨日は 真夏日 だったし、今日も 暑い との天気予報だったけど、
さすがに、まだ 夏物 を使うことは出来ないので、今回の お祓い では、着物・袴・装束 は 冬物 で行ったのだが・・・
汗、ビッショリになってしまった。

私は、[ 大祭 ] をもって 夏物 に衣替えをするのを慣例としている。

いよいよ、13日は 大祭 だ。
 

入居前

家のおはらい”に行って来た。
通常、私がお勤めする“家のおはらい”は入居後、ある程度荷物が片付いて落ち着いた生活が始められる頃に行うことが殆どだが、今回は相手先の希望で 入居前 になった。
天気はあいにくの雨だったが“地鎮祭”と違い、余りその影響はない。
現地に着き、挨拶を済ませて準備にかかる。 家族(特に子ども)が多く、とても賑やかだ。
入居前なのでばたばたとはしていたが、とても気持ちの良い雰囲気の家であった。
この家なら、楽しく・健康に暮らすことが出来るであろう!

祝詞奏上

20070401212920

午後から 〔家のお祓い〕 に行ってきました。
家内が今朝から留守をしているので、たまたま休みだった、息子を久しぶりに連れて行きました。
息子が小学校4年生のときから、少しずつ仕込んでいるので、結構役に立ちます。

さて、“お祓い”ですが、昨日・今日と蒸し暑く、とても不快な天気でしたが、施主さんが気を利かして エアコン を入れてくれたので、必要以上に汗をかくことなく ご神事 を進めることが出来ました。
贅沢ですが、感謝です。
間取り・外回り 等々、さまざまな質問に答えてあげたらとても喜んでくれました。

大麻(おおぬさ)で祓う

20070321114736
家の お祓い に行ってきました。
依頼者は、若い夫婦と4歳になる男の子の3人家族。
住んでいて [何かすっきりしない] とのことで、タウンページを見て探し当てての依頼でした。
若いのに、感心な心がけだと思う。
これで気持ちよく過ごせるようになる。
転勤族ということだが、今後どうすれば良いか?等も詳しく話をしてきた。

旬間祭 (しゅんかんさい)

季節毎 や 年に何回か、回数を決めて行う おはらい を、旬間祭(しゅんかんさい)という。
今日は、ある会社の 旬間祭 に行ってきた。
この会社とは、かれこれ40年近くのお付き合いであろうか…?
社長も2代目、私も2代目で、お互い、先代の時代からのお付き合いである。
この会社は、年2回、旬間祭を行っているが…
京都・伏見稲荷大社から御分霊(わけみたま)を奉戴(ほうさい)し、神棚も キチッ と設けて正式にお祀りしている。
このように、ちゃんとしている会社であるが、誤解を恐れずに言うと、この会社での おはらい は、楽しい。(少々、不謹慎な表現ではあるが…)
社長を始め、皆さんがとても、明るく・楽しく・元気の良い 、いい人たちばかりである。
しかし、だからと言って、気を抜いている訳ではない。
怪我・過ちの無いように、そして、業績が上がるように心を込めて 祝詞(のりと)を奏上した。

心地よい疲れの中、帰途についた。

とんでもない 強風

当たって欲しくない 天気予報 が見事に 的中 してしまった。
今日は今年初めての 地鎮祭。 それも、初めてお付き合いする会社。
天気予報は、台風並みの強風が吹き荒れるとのこと・・・ 
それが見事に的中してしまった。
大げさではなく、立っているのがやっとなほどの強風であった。
以前のやり方と違って現在は、テントを立て・幕を張り・門帳を掛けて、【結界 けっかい】 としているが、
そのテントの脚が折れてしまうほどであった。
反面、その三方の 幕 のお陰でテント内部の、その他の ご神具 は無事だったが・・・
施工業者の方々と挨拶を交わした言葉は「初めてなのに… この風が残念ですね…」である。

本当に残念な天気だった。

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。